« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月24日 (日)

恋人か。村人Aか。

先日、地元で高校のメンバーによる

ライブ的なイベントが行われた。

僕もその中のひとつのイベントの司会者を

任されていたので別府からはるばる

天神に行き参加した。

その後、忘年会と言う名の打ち上げが

そのライブハウスの近くの居酒屋で行われた。

そして、そこで地元メンバーの中ではお馴染みに

なりつつある1つのゲームが行われた。

それは、


「この中の男性メンバーで○○にするなら誰?」

と言う形式で女の子にその場にいる男性メンバーを

当てはめていってもらうゲームである。

項目は、

恋人

結婚相手

浮気相手

兄弟

友達

ブラジャー

村人A

の7項目である。

「ブラジャー」っていうのは今回男性が7人いたので

なかなか最後の1項目が見つからず、

苦肉の策で出た

「こいつならブラジャーにしてもいいよ♪」

という訳のわからない項目である。



そして、

「村人(むらびと)A」である。

「村人A」というのは、テレビゲームのRPGをやっていて

村に入った時に決まって村の入り口にいて

話しかけると

「ここは○○(村の名前)だよ」

と教えてくれるような存在の人を意味する。

つまり、



どうでもいい人


のことである。

皆、村人になることを恐れるのである。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ここで、僕の脳内スカウターが分析を始めた。

ここにいるメンバーを見た限り、

兄弟、友達、ブラジャーのいずれかに

選ばれなかったらオレは村人になってしまうだろう。

そして、宴は始まった。

まずは、友達の発表。。

毎回村人の第一候補に挙げられる

友人Sが選ばれてしまった!!

早くも黄色信号がともってしまった。

そして、結婚相手、浮気相手が順当に先輩2名が

選出され、可能性の1つである兄弟も

友人Kが選出された。

残る項目は、恋人、ブラジャー、そして村人A。

そして最後の可能性であるブラジャーの発表。。。



友人Tが選ばれた。

終わった…。

なぜならば残った項目は恋人と村人。

そして僕と一緒に残った友人は、

高校卒業後、音楽の勉強のためアメリカに行き、

帰国後シンガーソングライターを目指し

音楽活動を続けていて、インディーズデビューも果たし

抜群の歌唱力を誇り、地元の誰もがブレイクを疑わない、

そんなイケメンである。

勝てる要素がない。。。

僕を含めた皆が結果を確信した。

僕はいつ村人になってもいいように

話しかけられたら




「ここは備長吉兆やだよ!」

↑居酒屋の名前


と答える準備をしていた。

最後は2人目をつむり、女の子が

恋人の肩を叩くという流れになった。

結果が分かりきってるため皆が

「目をつむる必要はない。」

と突っ込んでくる。

早く終わってくれと思いながらも

僕は目をつむって結果を待った。

そして、




トントン



ん??




なんと彼女は僕の肩をたたいたのである!!

僕を含めた皆が結果を疑った。

なぜ?

まぁともかく、奇跡は起きたのである。

その子には彼氏がいるらしいけど

ただ単にうれしかった。はるばる来た甲斐があった。

その後聞いたら、その子の実際の彼氏の雰囲気が

オレに似てるらしい。。

なるほど。。彼氏の恩恵を受けたわけか…。

まぁ納得。



まぁとにかく

奇跡は起きるものだ。



が、しかし

昨日ちまたでは花火大会が行われていたが

僕は一人で夕食の大根をひたすら煮込んでいた。

これが現実である。

誰か、かまって下さい。。。



最後に参考までに、村人の想像図をどうぞ。

メリークリスマス!

| | コメント (9) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »